So-net無料ブログ作成

航空機の座席は、窓側派、通路側派、前派、後派?! [どっち派?]

ジャンボ.jpg

航空機が世界中を飛び回る。

今やだれも彼もが海外旅行に出かける時代だ。

あなたは座席を予約するとき、窓側、通路側、前、後、どこを希望しますか?

窓側は、景色が良く見えるけれど、トイレに行くときや降りるときに奥なので苦労する。
通路側は、トイレに行くときや降りるときに便利だが、景色が見えない。

国内移動などで飛行時間が短ければ、あまり影響はないけれど海外便の長距離・長時間で体のでかい外国人に挟まれて真ん中の座席にサンドイッチになる苦痛は、たとえ経験していなくてももっとも避けたい事態だ。

では、座席の前後はどうか。

もちろん前のほうが降りやすく、ファーストクラス、ビジネスクラスも前列が多い。

しかし、後列のメリットもあるんです。

突然ハイジャックにあったり、墜落したりという事故で、最も助かる確率が高い席はどこだろう?

それはハッキリ言って後部、つまり尾翼側の席だ。
その理由は、失速した際、機首側は真っ先に壊れるが尾翼側は構造上最も頑丈だ。
だから離着陸に失敗したときは尾翼側がまず地面に接触するが、頑丈な尾翼側が壊れる前に胴体が接触する。

また、テロで狙われるのは燃料タンクに近く、構造上最も壊れやすい主翼側の席だ。
さらにハイジャックにあうと犯人は機首側を占拠することが多いから、機首に近い席は人質にされたり撃たれたりといった危険も増すということだ。
さらに後部席なら非常口も近いという利点もある。

ご飛行機事故の写真を見ても、尾翼側の損傷は少ないものが多い。

そんなところからも、通常ブラックボックスと呼ばれるフライトレコーダー類の機器も尾翼側に設置されているのです。

まぁ墜落やテロに合う確率は少ないので、どちらを選ぶかはあなた次第です^^
タグ:航空機 座席
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0