So-net無料ブログ作成
検索選択

サマーランド 尻切り事件の真相 [事件]

サマーランド.PNG

8月21日、18歳から21歳の女性9人が切り付けられた「東京サマーランド」。
被害者は幸いいづれも傷が浅く、軽傷。
犯人はいまだ捕まっていない。

なぜ、この事件は起こったのか?

現場は、波の出る「コバルトビーチ」。
幅20m、長さ60mで1時間ごとに3分間人口の大波が起きることで大人気のプール。
当日の入場者数は1万4千人でこのプールもラッシュ時の山手線並みの大混雑。

混雑時のプールで大きな波が来たら、体がぶつかり合いもみくちゃになる。
以前から、ぶつかったふりをして女性の胸や尻を触る痴漢行為が相次いでいた。
波が来る前に、狙いをつけた女性の近くにポジションをとり、
波とともに近づき慌てたふりをして、ワラをもつかむ仕草で胸や尻を触る。
あとは波とともに泳ぎ離れていく。
大胆な痴漢は水着の中に手を入れてくるらしい。

1時間に一回の「大波タイム」ならぬ、「痴漢タイム」だ!

サマーランド側も認識していたはずで、地元の福生署から極度の混雑緩和状態解消のため
入場制限を要請されていたにもかかわらず、警備を増強するだけで制限は実施していなかった。

しかも、事件当日13時に被害者3人出た後も客に知らせず、14時に6人が切り付けられたのだ。
事件後、一時閉鎖を経て防犯カメラ増設や手荷物検査の対策、波の中止を発表して営業再開。

被害者の一部からは、「近くにいた子供にやられた」と話している。
切り傷からカミソリなどを使った犯行と見られていますが、確かに子供でも簡単に使える凶器。
被害者の中には、傷が10センチにも及ぶ被害を受けている方もいるそうだ。

痴漢がOKなら、もっとイタズラしてやれ!
といった、子供の発想による愉快犯かもしれない。

サマーランドが企業使命に掲げる「感動と心地よい時間の創造」は
犯罪者に向けてのメッセージなのか!?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。